« 第2回電王戦について | トップページ | 懇親会 »

2012年5月 5日 (土)

表彰式

20120505_58
(滝沢武信・コンピュータ将棋協会会長。「大会をご覧いただき、非常にレベルの高い戦いが繰り広げられたことがお分かりいただけたかと思います。来年度以降も大会を実行していきますので応援よろしくお願いします」)
20120505_48
(梶谷誠・電気通信大学長のあいさつ。「ゴールデンウイークの貴重な3日間をこんなに大勢の方にお集まりいただきお疲れ様でした。魅力的で楽しい大会であることの表れかと思います」)
20120505_49
(渡辺誠・株式会社富士通宣伝部長のあいさつ「コンピュータ将棋選手権なので、コンピュータにお疲れ様と言いたいのですがどこにいるのでしょうかね(笑)。富士通はコンピュータを使ったイベントに協力しています。今回もたくさんの方が楽しんでいただいたことをうれしく思います」)
20120505_50
(2回目の優勝を果たした Team GPS。金子さん(右)は「コンピュータが強さを決めるのには、だいたい1000局くらい指すんです。できればプロ棋士と1000局くらい指したいです(笑)。どうするのがいいのかいろいろ立場があるでしょうが、例えばプロ棋士がご自宅でコンピュータと指したものを保管していただいて、その棋譜を100年くらい封印しておいて、それを100年後に研究家が発掘して研究する。それは人類の文化に大きな役に立つのではないかなと研究家の一人として思います」と話した)
20120505_51
(Puella αは準優勝)
20120505_52
(昨年12位のツツカナは3位に大躍進。「本当に楽しい3日間でした。去年12位だったのですが、今年3位になり、気持ちの整理が…(笑)」)
20120505_53
(昨年5位のponanza、今回は4位)
20120505_54
(5位の習甦)
20120505_55
(第20回など優勝4回の実績を持つ激指だが、3勝4敗で6位)
20120505_56
(7位のYSS)
20120505_57
(8位のBlunder)
20120505_59
(新人プログラム(二回目以内の参加プログラム)の中ですぐれた成績を収めたSunfishが新人賞を受賞した)
20120505_60
(選考委員会が革新性や面白さ、インパクトなどを総合的に考慮して選ぶ独創賞。今回受賞した人生送りバント失敗は、棋譜から自動的に解説記事を生成するシステムを作成し、ホームページで公開した)
20120505_61
(佐藤天彦七段による講評。「世界コンピュータ将棋選手権は3年前も来ていて2回目です。当時もプロに近いレベルに来ていると感じました。そこから飛躍して会長の米長が負かされたことから、プロレベルに達しているといえるだろうという大会でした。圧倒的な力を持ったコンピュータがたくさん出て、どういう将棋を見せられるのかなと思っていました。同じ雰囲気の将棋はなく、個性のある将棋を見られ、見る側も非常に楽しめました」)

|

« 第2回電王戦について | トップページ | 懇親会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 表彰式:

« 第2回電王戦について | トップページ | 懇親会 »