« 2012年5月5日 | トップページ | 2013年5月3日 »

2012年5月 6日 (日)

懇親会

20120505_62
(CSA理事で『コンピュータ将棋の進歩6 プロ棋士に並ぶ』の編著者の松原仁さんが乾杯の音頭を取った)

20120505_63 
(将棋プログラムを連続対戦させるサイトfloodgateを始めた金子知適さんと森脇大悟さんにコンピュータ将棋協会の貢献賞が授与された。
森脇さんは「floodgateを始めて4・5年ですが、私のモットーは『10年継続してやっと努力』でして、期待を込めての賞なのかなと理解しております。共同作業です。GPSはデザインや開発、デバックだけでなく最大のユーザです。表ではfloodgateで出ていますが、その裏では表と同じくらいの自己対戦をしています。
GPSは10年くらい参加していますが、5年くらい前は強豪と当たるのが目標で、対戦できなかったんです。年に1回、この大会で当たるかどうか。
GPSは決勝に進出できずにそれすらもかなわなかった。flood gateがある現在しかしらないと想像できないかもしれませんが、こうして日々1年間で何百局もできるのはありがたい。一人ではレーティングはできませんのでご愛用よろしくお願いいたします」と話した)
20120505_64
(貢献賞を受賞した東京農工大学教授の小谷善行さん。これまで長きにわたりコンピュータ将棋に関する技術の発展に尽力。コンピュータ将棋協会の発足時から長年にわたり会長として発展に大きく寄与した。
「どのようにしてコンピュータ将棋協会のがスタートしたかをお話ししますが、さかのぼること1986年。イギリス人が将棋マシンを持ってきました。私の友人に超パズルマニアの芦ヶ原伸之さんがいまして、飯田橋にある彼のスタジオで日本のマシンと対戦させようということになりました。
それで当時最強といわれた森田将棋の森田和郎さんを連れてきて対戦させたらなんと負けてしまったんですが、見ていると楽しくてこうやって集まって対戦するのは面白いんじゃないかなということで、知り合いに連絡したのがコンピュータ将棋協会の始まりです。私がやったことというと、雪だるまのタネをちょっと入れただけです。あとは皆さんがやっていただいたので、今回の賞も皆さまのものかと思います」と小谷さん。
20120505_67
(勝又清和六段。「3日間疲れました(笑)。3日通しで見たのは久々です。時代とともに見せ方も変わってきまして、今回はニコニコ動画さんに多大なご協力をいただきました。今日の大盤解説会では佐藤天彦さんのコンピュータの読みよりも早い頭の回転についていかないといけなかったのは大変でした(笑)。
二次予選から強かった。昔は形が悪いと悪い手と断言できたが、今回見ていて形が悪くても悪い手ともいえなくなってきたと感じた」)
20120505_68
(佐藤天彦七段。「コンピュータは危険な手をやっていくのが面白い。開発者を知らん顔で指している。人間では怖いとか、教わっていないから指さないという手をバンバン指していくのが楽しいですね。
ソフトごとに個性がありました。その中でも人間的な指し手をするソフトがあった。善悪は分からないけれど、人間だからこうしたいという手があるのですが、コンピュータがそういう手を指して、ああ間違っていなかったんだと(笑)。こちらも勉強させていただきました」)
20120505_69
(北島忠雄六段。「今日は保木さんや鶴岡さんのような伝説的な方にお会いできてよかったです。第2回電王戦の棋士代表については調整中です。多くの方が見ていてくださって楽しんでもらえるようにしたいと思います。よろしくお願いします」)
20120505_70
(元アマ竜王の篠田正人さん。1・2日目にはニコニコ生放送で勝又六段の聞き手を務めた。「子どもを寝かした後の時間でfloodgateの棋譜並べたり激指と指したりしています。選手権を見ていて、コンピュータ将棋は本気を出せばもっと強いと思います。数年後には角1枚さらに強くなると思いますので来年も楽しみにしています」)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月5日 | トップページ | 2013年5月3日 »