« 2010年5月2日 | トップページ | 2010年5月4日 »

2010年5月 3日 (月)

二次予選終了

二次予選が終了し、結果が発表されました。
決勝に進出したプログラムはボンクラーズ、芝浦将棋、激指、YSS、習甦です。
また、16位の「きのあ将棋」までが次回の一次予選シードとなります。
決勝は4日10時に1回戦開始予定です。
本日は観戦ありがとうございました。
明日もよろしくお願いします。

2010050347
(二次予選の結果)

2010050348
(2回戦までの対戦組み合わせが発表された)

20100503heya
(決勝リーグの部屋割り)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9回戦

予定通り、18時45分ごろに9回戦が開始されました。

2010050335
(5勝3敗同士の▲ponanza-△souleater戦はponanzaが角道を止めた中飛車を採用。プロ棋界では少なくなった戦型だ)

2010050336
(▲YSS-△習甦戦は1手損角換わり)

2010050337
(▲奈良将棋-△備後将棋戦も1手損角換わり。↑の局面はプロ間でもよく指されている形だ)

2010050338
(初参加の芝浦将棋に注目が集まる。決勝に進出できるか)
2010050339
(▲芝浦将棋-△激指戦は角対抗型の矢倉戦)

2010050341
(「芝浦将棋」が男前(男かどうか判別不明だが)な受けを見せ、勝又六段から「ひぃいえぇー」の悲鳴が上がった)

2010050340
(▲YSS-△習甦戦は↑の局面から△3六歩!▲4五桂△8一飛▲1一角成△3七歩成▲6五銀!と進展。飛車を見捨てる応酬にYSS側、習甦側の双方から悲鳴が上がった)

2010050343
(▲YSS-△習甦戦。↑の局面から▲6六歩△5八銀成▲同玉△3六角▲4七金△同角成▲同玉△5五桂以下詰み。YSS投了の瞬間、絶叫が起きた)
2010050342
(習甦。鮮やかな詰みに興奮冷めやらぬ表情。1勝3敗から5連勝で一気に浮上し、5位に滑り込んだ)

2010050344
(5勝3敗の「竜の卵」。進行を見守る開発者の中谷さん。しばらくして「ダメだ…」とつぶやき席を立った。「竜の卵」の攻めが切れ筋に陥っていた)

2010050346
(▲Blunder-△柿木将棋戦)

2010050345
(しばらくトラブルがあったが、▲ボンクラーズ-△TACOS戦が開始された。飯田弘之六段も見守る)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8回戦終了

8回戦が終了しました。成績は以下の通りです。
9回戦は18時45分ごろ開始予定です。

8勝0敗 ボンクラーズ
7勝1敗 激指
6勝2敗 YSS、芝浦将棋
5勝3敗 竜の卵 、ponanza、souleater、習甦、TACOS
4勝4敗 奈良将棋、Blunder、備後将棋、柿木将棋、棋理
3勝5敗 ツツカナ、Shotest、SPEAR、きのあ将棋、GA将!!!!、まったりゆうちゃん
2勝6敗 山田将棋
1勝5敗2分 稲庭将棋
1勝6敗1分 Tohske
0勝7敗1分 隠岐

「ボンクラーズ」、「激指」は決勝進出を決めました。残るイスは3つです。
また、決勝シードを除いた上位から順に16プログラムが二次予選シードとなります。
3勝5敗のプログラムまでチャンスがあります。
2010050334
(9回戦の組み合わせ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8回戦

8回戦は17時30分に開始されました。
8回戦終了後、夕食休憩となります。
9回戦は18時45分以降開始予定です。

2010050327
(会場の様子)

2010050328
(▲稲庭将棋-△Tohske戦は一瞬で千日手になってしまった)
2010050329
(先手が「稲庭将棋」。こう着状態で千日手になったようだ)

2010050330
(▲YSS-△ボンクラーズ戦は相振り飛車。金無双ではなく、美濃囲いにするのが現代流だ)
2010050331
(保木スマイルいただきました)
2010050332
(「YSS」が「ボンクラーズ」を止めるか注目が集まったが、勢いを止めることはできなかった)

2010050333
(↑は▲YSS-△ボンクラーズ戦の終盤戦。▲6二とに△5七角が強手。△3九銀▲1九玉(▲同玉は△4九歩成▲同玉△3九飛以下詰み)△1七桂成の寄せを狙いつつ、角を7五に利かしている)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7回戦終了

7回戦終了時の結果は以下の通りです。

7勝0敗 ボンクラーズ
6勝1敗 激指、YSS
5勝2敗 竜の卵 、芝浦将棋、ponanza
4勝3敗 souleater、Blunder、奈良将棋、習甦、TACOS
3勝4敗 柿木将棋、備後将棋、棋理、ツツカナ、Shotest、SPEAR、きのあ将棋
2勝5敗 GA将!!!!、まったりゆうちゃん、山田将棋
1勝5敗1分 稲庭将棋
1勝6敗 Tohske
0勝6敗1分 隠岐

二次予選は各9局の対戦を行い、上位5プログラムが決勝に進出します。
4勝3敗以上のプログラムに決勝進出の可能性があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7回戦

16時25分、7回戦が始まりました。

2010050317
(▲ボンクラーズ-△竜の卵戦は後手の急戦矢倉。「竜の卵」は3回戦の対Shotest戦でも同じ作戦を採用している)
2010050318
(▲souleater-△YSS戦は居飛車穴熊対四間飛車)

2010050319
(▲激指-△Blunder戦は互いに飛先の歩を交換した後に矢倉に組み合っている)
2010050320
(勝又六段が▲奈良将棋-△ponanza戦を観戦)

2010050321_2
(現在発売中の『将棋世界』6月号。大盤解説を務める勝又六段が付録を担当。また、好評連載中の「コンピュータは七冠の夢を見るか」は「ponanza」開発者の山本一成さんがコンピュータ将棋の仕組みを分かりやすく解説している)
2010050322
(前回準優勝の大槻将棋チームが現地到着。二次予選はシード)

2010050323
(ふと気付くと▲ボンクラーズ-△竜の卵戦は↑の局面に。「ボンクラーズ」の快進撃は止まらない。ここまで5勝1敗の「竜の卵」を圧倒)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6回戦

6回戦は15時25分ごろに開始。

20100503bonkura2
(▲ボンクラーズ-△激指戦は左美濃対三間飛車の戦型に)
20100503bonkura3
(名前に偽りあり? のボンクラーズ)

2010050311_2
(左から「激指」の鶴岡さん、横山さん、「ボンクラーズ」の伊藤さん)

2010050314
(明日は大盤解説会が行われます)

2010050316
(明日のスケジュールです)

2010050315
(大盤解説会場は広いですので、ぜひお越しください)

2010050312
(大盤解説会の様子。「教授」と言われる勝又六段が教壇に立つ姿はしっくりくる)

20100503yss4
(4勝1敗同士の▲芝浦将棋-△YSS戦は「YSS」が石田流を目指す。今回のYSSは2回戦ではゴキゲン中飛車を指しており、角道を止めない振り飛車を採用している)

2010050313
(「▲Blunder-△竜の卵戦は後手玉が力強い玉さばきを見せている。展開次第では入玉もありうる)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5回戦

5回戦は14時30分過ぎに対局が開始されました。

20100503yss3
(▲竜の卵-△激指戦は「激指」が角換わり右玉を採用し、「竜の卵」が果敢に攻める展開。難しい攻防に勝又六段もすぐに結論が出ない)

2010050310
(進行を見守る「激指」陣営)

201005039
(「竜の卵」陣営)
20100503bonkura
(▲souleater-△ボンクラーズ戦は二枚飛車の攻めが厳しそうだ)
20100503blunder
(4勝目を挙げた「Blunder」)

20100503spear
(「SPEAR」)

20100503shotest2
(「Shotest」)
20100503kinoa2
(きのあ将棋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5回戦開始前に

勝又清和六段が4回戦の▲激指-△YSS戦の終盤戦の解説を行いました。

20100503katsumata2
(解説する勝又清和六段)

Live011csa_94_2
(第1図は94手目△5七飛成まで。ここで激指は▲5三角△4四銀▲同角成△同歩▲5四銀(第2図)と進みました。「激指は先手玉が危ないのに、詰まないことを見切っています。しかも、その手順がすごい」と勝又六段)

Live011csa_99
(第2図以下△1八角▲3五玉△3四歩▲4四玉で第3図)
Live011csa_103
(「普通なら▲4四玉に△4六龍▲4五合駒△3三銀▲5三玉△4二金で詰むのですが、△4六龍には▲4五銀(参考図)が7六角による逆王手になるのです。この手順を30秒将棋で指せる人間はいないのではないか」と勝又六段。実戦は「YSS」が第3図で△3三銀と王手しましたが、▲5五玉で先手玉は捕まらなくなりました)
Sanko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4回戦

4回戦は13時5分過ぎに開始されました。

20100503yss
(「YSS」の山下宏さん)

20100503gekisashi
(「激指」の鶴岡さんと横山さん)

20100503yssgekisashi
(3連勝同士の▲激指-△YSS戦は石田流から大乱戦へ。どちらが良いのだろう)

20100503ryu
(強豪プログラムの「竜の卵」)

20100503ryu3
(「竜の卵」にネットワークトラブルが起こり、場合によっては不戦敗の可能性もあったが、無事に復帰して対局が開始された)

20100503souleater
(中央は「souleater」開発者の安武さん)

20100503oki
(「隠岐」。3回戦までで勝ち星がなく苦戦)

20100503oki2
(▲山田将棋-△隠岐戦。飛車交換の場面だが、よく見ると後手が銀損となっている)

20100503yamada
(「山田将棋」の山田泰広さん)

20100503inaniwa3
(「習甦」が「稲庭将棋」に捕まった。打開筋を見出せず時間切れ負けに)
20100503tohske
(一次予選通過組の「Tohske」。二次予選では上位陣に苦戦)

20100503tohske2
(▲まったりゆうちゃん-△Tohske戦は変則的な矢倉戦へ)

20100503yuuchan
(「まったりゆうちゃん」は二次予選初勝利を挙げた)

20100503kiri
(「棋理」は1勝3敗)

20100503katsumata
(勝又清和六段が大会会場へ。▲激指-△YSS戦を観戦する)

201005037

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4回戦は13時から

3回戦後、昼食休憩に入りました。
4回戦は13時開始予定です。

201005033kaisenkekka
(3回戦終了時の勝敗表。上位陣の厚さと初参加の芝浦将棋が3連勝しているのが注目される)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

控え室にて

控え室ではBonanza Felizの最終調整が行われています。

20100503bonanza

20100503bonanza2

20100503bonanza3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3回戦

3回戦は11時40分ごろに開始されました。

201005033kaisen
(3回戦の組み合わせ)

20100503ponanza
(一次予選から出場しているponanzaは二次予選2連勝中。3回戦は強豪のYSSに挑む)
20100503syuso2
(習甦-芝浦将棋戦はプロ間でもよく指されている相掛かり▲2八飛型。習甦は△4四歩をとがめるために▲2五銀△4三金右▲2四歩と動いていった)

20100503tsutsukana
(初参加のツツカナ。激指に善戦するも惜しくも敗退。150手目以降は1手1秒で指す設定になっているとのこと)

20100503tsutsukana2
(ツツカナは三間飛車からガッチリと銀冠を完成させた)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2回戦開始

2回戦は11時過ぎに開始されました。

20100503_nara
(一次予選一位通過の奈良将棋)

20100503shibaura
(初出場で二次予選進出の芝浦将棋)

20100503gasyo2
(GA将!!!!チームから「おっ! これはやったんじゃないか」の声が上がった)
20100503gasyo
(GA将!!!!-稲庭将棋戦はわずか10分で340手以上指された。▲2二金は△同玉なら▲4二飛成△2三玉▲2二龍△3四玉▲2五馬の詰みを見た強烈な攻め)

20100503shotest
(まったりゆうちゃん - Shotest戦はShotestが序盤で筋違い角を放った)

20100503syuso
(ボンクラーズの伊藤さんと習甦の竹内さん)

201005034
(世界コンピュータ将棋選手権は開発者にとって貴重な意見交換の場でもある)

201005035

201005036

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1回戦開始

10時15分ごろ、1回戦が開始されました。

201005031kaisen
(1回戦の対戦表)

20100503inaniwa
(稲庭将棋。二次予選でも台風の目となるか)

20100503inaniwa2
(相手にとって「未知との遭遇」。稲庭将棋の指し回しに強豪の備後将棋も少々困惑気味?)

20100503bingo
(備後将棋。不沈戦艦のような稲庭陣を攻めつぶした。終局後、会場から拍手が沸き起こった)

201005033
(Bonanzaの保木さん、YSSの山下さん、TACOSの橋本さんが雑談)

20100503yss2
(YSSは龍や馬を自陣に引き付ける手堅い指し回しを見せて快勝)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2日目開始前

おはようございます。大会2日目の本日は二次予選がおこなわれます。ブログやライブ動画につきましては、松本博文と君島俊介が担当いたします。本日もよろしくお願いいたします。
201005031_3
(会場の電気通信大学)

201005032_4
(会場では対局準備が整えられている)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月2日 | トップページ | 2010年5月4日 »