2007年5月 4日 (金)

2日目終了

二次予選9回戦を終え、大会2日目の予定はすべて終了しました。
本日もご観戦いただきまして、ありがとうございました。

明日3日目はいよいよ決勝リーグ。シードのBonanza、YSS、TACOSに本日二次予選を通過した激指、棚瀬将棋、備後将棋、竜の卵、K-Shogiの8チームが総当りで対戦します。

1回戦が始まるのは午前9時頃。現地かずさアークでは、鈴木大介八段、飯田弘之六段、勝又清和六段、矢内理絵子女流名人、安食総子女流初段が出演の予定です。見学は自由。皆さまのご来場をお待ちしております。

また17時35分頃から、加藤幸男アマ六段と優勝ソフトとのエキシビション対局もおこなわれる予定です。

(松本)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

盤面いろいろ

プログラムだけでなく、将棋盤もさまざまな個性があります。(ひえ)

Auau

(あうあう将棋は3D仕様。立体感を出すため将棋盤を斜めにデザイン)

Mymove

(NHK杯風の対戦成績を表示するマイムーブ)

Ryutama

(画面全体グリーン調の竜の卵)

Gps

(GPS将棋は盤面表示に不具合。継ぎ盤で対応)

Mattari

(まったりゆうちゃん)

Gekisashi 

(大会ではシンプルな激指)

Shotest1

(Shotest商品化用の3D盤)

Shotest2

(360度全方位に回転出来る。対局室の外には日本庭園が見える) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二次予選9回戦

070504_8

最終9回戦における上位陣の対戦は以下の通りです(★=通過確定)。

★激指(8勝0敗)-GPS将棋(5勝3敗)
★棚瀬将棋(7勝1敗)-備後将棋(6勝2敗)
柿木将棋(5勝3敗)-K-Shogi(5勝3敗)
竜の卵(5勝3敗)-大槻将棋(5勝3敗)

激指、棚瀬将棋はすでに二次予選通過確定。残り3枠をかけて、18時30分から最後の戦いが始まります。また来期二次予選シードの資格を得るのは上位16チームです。

ちなみに二次予選が9回戦制となった2000年度以降、全勝の例はありません。激指が初の全勝を記録するかにも注目です。

070504_9_or_044_1 

▲大槻将棋(5勝3敗)-△竜の卵(5勝3敗)戦は藤井システム定跡形の最前線。▲8八飛△8七桂成▲同飛△8六歩▲同角△9五角▲7八桂と進んで、果たしてどちらがいいのか。

070504_9_or_051

▲GPS将棋(5勝3敗)-△激指(8勝0敗)戦、全勝のかかった激指はまたもや風変わりな立ち上がり。

070504_10_gg_010

GPS将棋の無理な動きを誘った効果があったか、確実に受けきって優位に立ちました。

070504_9_or_110

▲大槻将棋(5勝3敗)-△竜の卵(5勝3敗)戦は竜の卵の勝ち。

9回戦の結果と最終成績は以下の通りです(★=通過確定)。

★激指(9勝0敗)○-●GPS将棋(5勝4敗)
★棚瀬将棋(8勝1敗))○-●備後将棋(6勝3敗)★
★K-Shogi(6勝3敗)○-●柿木将棋(5勝4敗)
★竜の卵(6勝3敗)○-●大槻将棋(5勝4敗)

(松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

選手達の様子

Projecter

(プロジェクターに次々と映し出される対局画面)

二日目夕方より中継班に加わりました藤田麻衣子です。よろしくお願いします。通常の将棋大会と異なり、対局中も和やかな空気なのが印象的です。

Kanso

(バグで終了した▲柿木-△棚瀬戦、作者同士の感想戦。二年ぶりに出場の棚瀬さん、感想戦も熱い)

Hoki

(システム調整中の保木さんは余裕の表情) Bonanza

(bonanzaのマシンは大和證券杯で渡辺明竜王と戦ったもの。現在は会場の片隅で眠っている)

Reijer

(SPEARの作者、ライエルグリンベルゲン氏(左)はヨーロッパ将棋選手権優勝の実力を持つ。指し将棋からプログラミングの世界を目指した経緯はこちらに。http://shogi-pineapple.com/essay/essay113.htm)(ひえ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二次予選8回戦

070504_8_gr_028

▲激指(7勝0敗)-△竜の卵(5勝2敗)戦はよくある四間飛車対居飛車急戦の形に見えましたが……。ここからの指し手は▲8六歩△6三金▲8七玉△7四歩▲5九銀。

070504_8_gr_033

二次予選通過決定で遊んでいる、というわけではなく、急戦の形に組んでみたものの、自信がなくて仕掛けられなかったようです。

070504_8_ok_080

▲大槻将棋(4勝3敗)-△柿木将棋(5勝2敗)は柿木将棋が確実な攻めを見せて優勢です。

070504_8_kt_078

▲K-Shogi(5勝1敗)-△棚瀬将棋(6勝1敗)、K-Shogiは▲2二成銀△3五龍▲2七龍△4六歩▲1一成銀と進めました。

070504_8_ok_083

人間ならあまり考えない手順。ただしじっと駒を逃げながら逆に駒を補充し、容易に崩れない底力を感じさせます。

070504_8_nb_141

▲奈良将棋(4勝3敗)-△備後将棋(5勝2敗)、ここで△8五飛と打てば1手詰ですが、備後将棋は△9四飛▲8三玉△9二角▲同玉△8二金▲9一玉△9二金打とたくさん駒を使って詰めました。

070504_8_nb_148

関係者によると、一般的にソフトは最短手順ではなく、最初に見えた手で詰ますそうです。上図を見た勝又六段は一瞬、左上のあたりを後手の穴熊と勘違いしていました。

(松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二次予選7回戦

070504_7_hoki
(保木さんと鶴岡さん)

070504_7_kt_061

▲柿木将棋(5勝1敗)-△棚瀬将棋(5勝1敗)戦、棚瀬やや有利かとも思われましたが、柿木の▲1五歩が迫力十分の反撃。熱戦が続いていたのですが……。

070504_7_kt_086
ここで柿木将棋にバグが出てしまいました。結果は棚瀬将棋の勝ち。▲1五角と打てばむしろ柿木将棋に分のある終盤戦だったようです。

070504_7_tn

070504_7_kt_115

▲激指(6勝0敗)-△備後将棋(5勝1敗)戦は相矢倉の戦いを激指が制し、全勝を守りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二次予選6回戦

070504_6_kg_032
▲柿木将棋(5勝0敗)-△激指(5勝0敗)戦は早くも激しい戦いとなっています。

070504_6_sign

勝又六段は新著『最新戦法の話』のサインに応じています。会場には昨年度優勝ソフト・ボナンザの開発者である保木邦仁さんも訪れています。

070504_6_kg_084
▲柿木-△激指戦は難しい形勢でしたが、上図から(1)▲2六桂は悪手か。すかさず△同銀▲同歩△4六桂とされて先手の5五金が遊び駒で残った形です。勝又六段によれば代わりに(2)▲4五金と寄り、▲3五金△同歩▲3四桂を狙いたかった。
結果は114手で激指が勝ち、全勝を守りました。

070504_6_otsuki
(ここまで4勝1敗の大槻将棋)

070504_6_to_116

▲棚瀬将棋(4勝1敗)-△大槻将棋(4勝1敗)戦、棚瀬将棋は▲8五金△7八歩成▲同飛△7七歩▲7三角と駒損をものともせず寄せにいきました。

070504_6_to_121

「いや、強いはこれは」と舌を巻く勝又六段。昨年度フィーバーを起こしたボナンザを思い起こさせる寄せ方です。

070504_6_br_135

▲備後将棋(4勝1敗)-△竜の卵(4勝1敗)戦、上図は備後将棋が王手をかけたところです。竜の卵は(1)△同金と取り、▲2三香成△同玉▲2四歩△1四玉▲1五金で急転直下の幕切れとなりました。代わりに(2)△1二玉とかわしておけば、先手玉は△5七歩成▲3九玉△4九角成▲同金△4八金▲同金△5九飛以下、難解ながらも先手玉は詰み。竜の卵はこの順を読んでいながら、時間に追われてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二次予選5回戦

070504_5_5_bk_2
(4戦全勝同士の▲備後-△柿木の対決)

070504_5_kb
(柿木さんと備後将棋開発者・恩本さん)

070504_5_bk_101

▲備後将棋(4勝0敗)-△柿木将棋(4勝0敗)戦、上図から柿木将棋は△5七桂成▲5九銀△6七成桂▲6八飛△9九角と華麗に決めました。

070504_5_bk_106

070504_5_tn
(トラブル対処中の棚瀬さん)

もう一組の全勝対決である▲激指(4勝0敗)-△棚瀬将棋(4勝0敗)はトラブルのため開始が遅れましたが、先ほど始まりました。

070504_5_gt_023

勝又清和六段による解説が始まりました。▲激指-△棚瀬戦、棚瀬将棋は△3三桂~△4五桂と驚きの奇襲を見せました。

070504_5_gt_101
(手堅い指し回しの激指が勝利)

070504_5_katsumata

| | コメント (0) | トラックバック (1)

二次予選4回戦

070504_4_ryu
(竜の卵は棚瀬将棋と3連勝同士の対戦)

070504_4_tn
(IS将棋では4度の優勝を誇る棚瀬さん)

070504_4_kk
(柿木将棋もここまで3連勝)

070504_4_gps
(チームGPSはマグネット盤で検討しながらの観戦)

070504_4_gk
(激指はSPEARに勝って4連勝)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二次予選3回戦

070504_3_spgk
▲SPEAR(2勝0敗)-△激指(2勝0敗)、棋譜の表示では111手目▲7七玉までで激指の反則負けと表示されていますが、実際には通信トラブルで激指の勝ちです。SPEARは自身の負けを読みきると、このトラブルが生じているようです。

070504_3

3回戦終了時点で3連勝は激指、柿木将棋、竜の卵、備後将棋、棚瀬将棋。
4回戦は12時50分からおこなわれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧